EDR Spport Service

自動車事故発生時のEDRデータを
ワンクリックで簡単にビジュアライズされた
分かりやすいレポートが作成できます!

(ボッシュ社製のCDRにて読み出されたEDRに対応)

事故発生時のデータを知りたい方や、
EDRデータを解析されているアナリストを徹底サポート!

※EDR(Event Data Recorder イベントデータレコーダー)
※CDR(Crash Data Retrieval クラッシュ データ リトリーバル)

EDR Dataとは

事故発生時の車両の挙動に関するデータを記録するのがEDR(Event Data Recorder)と呼ばれる装置で主にエアバッグコントロールモジュールに搭載されています。
車両に一定以上の衝撃が加わると、通常は5秒間さかのぼった車両の速度、エンジン回転数、アクセル開度、シフトポジション、ブレーキの作動状態、ステアリング操舵角、シートベルトの着用、衝突の大きさなどの情報を記録します。
このデータがEDRデータとなります。
航空機でいうところのフライトレコーダー的なシステムとなっています。

EDR Data

EDR Support Serviceのビジュアライズされた
分かりやすいレポート

EDR Support Serviceのサポートは、ボッシュ社製のCDRレポートをビジュアライズ(可視化)し、事故発生時(エアバッグ展開時)の車両状況データをわかりやすく見やすいカタチにしたレポートを生成します。
私たちのレポートを活用していただくことで、事故データ解析におけるアナリティクス業務の効率を向上させます。そしてそれは、重大な交通事故を減少させることに繋がるものと信じています。交通事故の状況をわかりやすいカタチにビジュアライズ(可視化)することが、私たち EDR Support Service の使命です。

※EDRデータのビジュアライズは、日本国内の特許を取得しております。
発明名称:衝突可視化装置、およびプログラム
特許番号:特許第6437166号

※EDRデータ ビジュアライズ化 監修
横浜国立大学 機器分析評価センター 准教授 谷村 誠

EDR Support Serviceを使ってみる

お申し込みはこちら

アカウントをお持ちのかたはログイン

準備中